Close
TOP > SNS活用メソッド > 別々に更新しない!TwitterとInstagramの連携方法

2018.10.04別々に更新しない!TwitterとInstagramの連携方法


写真がメインとなりフォロワーに大きなインパクトを与えることができるのがinstagram。写真が中心となることで文字よりも簡単に明確にメッセージを伝えられることもあり、言語の壁を越えて世界中の人々とつながることを可能にしてくれます。そんなinstagramのユーザー数はなんと世界で約8億人(2017)!この数字からもinstagramを宣伝に使わない手はないです。

しかしinstagramの他にも世界に多くのユーザーを持つSNSは存在します。その代表格がtwitter。instagramとtwitter両方を使いこなせたら宣伝効果は一段とアップするでしょう。

しかし同じ内容をinstagramとtwitterで別々に投稿するのは面倒くさい… そこでinstagramとtwitterを連携させて投稿を一度で済ませる方法を紹介します。

目次


instagramの標準仕様でtwitterと連携させる

instagramの標準仕様はおすすめできないって本当?

instagramとtwitterの連携ならIFTTTが便利

簡単にできる!IFTTTで連携する方法とは?

instagramとtwitterが連携できると更新が楽

instagramの標準仕様でtwitterと連携させる

 
まずはinstagramアプリに標準搭載されている機能を使用してinstagramとtwitterを連携させる方法を紹介します。

始めにinstagramアプリを開き、プロフィールページに飛んでいき、右上に表示されている「…」をタップします。すると設定画面の項目に「リンク済みアカウント」というものが出てくるので、それをタップするとinstagramと連携できるSNSが表示されます。その中にあるtwitterを選択し、twitterのIDとパスワードを入力すれば連携完了です。

もう一つのやり方として投稿する際に連携するSNSを選択するものがあります。写真の加工が終わり、最後に本文記入と位置情報の追加、タグ付けをするページにくると、下に連携可能なSNSが表示されます。そこでtwitterの項目をオンにします。そうすると別ページに飛び、twitterのアカウント名とパスワードを要求されるので入力します。これでinstagramからtwitterへのアクセス許可を出します。無事終了すると元のページに戻り、共有するSNSの項目でtwitterがオンになっているはずです。そして投稿するとtwitterにも共有されています。

2回目からはtwitterのアカウント名とパスワードは要求されることなくスムーズに連携させることが可能です。
 

instagramの標準仕様はおすすめできないって本当?


twitter上でinstagramの投稿をシェアしている人を見たことはありませんか?

そこには写真がtwitter形式で表示されている人と写真が表示されておらずinstagramのリンクだけが表示されている人の2タイプがいると思います。instagramの標準機能を使っての連携の場合、twitter上に肝心の写真は表示されません。

写真を見るためにはリンクをクリックし、わざわざinstagramのページを開かなければなりません。興味がない限りそこまでしてくれる人はなかなかいなそうです。instagramは写真が中心となっているため、文章だけだと投稿の本意が伝わりにくくなってしまいます。文章の意味も伝わりにくい上に、文字だけの投稿となると、タイムラインに埋もれてしまい、多くのフォロワーにスルーされてしまう危険性大です。それではinstagramとtwitterを連携しても意味がありません。
 

instagramとtwitterの連携ならIFTTTが便利

 
「instagramとtwiterを連携して投稿を一回で済ませたい!」「でもtwitter上でも写真を表示できるようにしたい!」という両方の願いをかなえてくれるのがIFTTTというwebサービスです。サービス同士の連携は本来ならば複雑なプログラミングが必要で、一般のユーザーには難易度が高く困難です。

しかしIFTTTでは、twitterやinstagramなどのSNSだけに限らずGmailやDropboxなどのwebサービス、今話題のAIスピーカー同士を複雑なプログラミングなしで連携させることが可能です。IFTTTで提供されている連携サービスは「レシピ」と呼ばれているのですが、それが連携手順を容易にしてくれ、簡単な記述だけで連携が完了します。

IFTTTの名前の由来、If This Then ThatのThis(入力)とThat(出力)を選択してオリジナルのサービスを作成することができます。また自分で作らなくとも既存のサービスも豊富なためそれを利用することもできます。TIFTTTのようなサービスはYahoo JapanやMicrosoftも提供していますが、対応するサービスはIFTTTが最も豊富となっているのでおすすめです。
 

簡単にできる!IFTTTで連携する方法とは?


それでは実際にIFTTTを使ってtwitterとinstagramを連携させていきましょう。

まずはIFTTTでアカウントを作成します。一からアカウントを作成することもできますがGmailやFacebookのアカウントを使用するとより簡単にアカウントを作成することができます。アカウントが作成できたらログインしていきましょう。IFTTTでは自分でレシピを作成することも可能ですがinstagramとtwitterの連携は多くの人が利用しているためすでに既存のサービスができあがっています。なのでそれを利用するとより簡単にできます。

IFTTTの検索フォームで「instagram twitter」を入力し検索すると、結果がずらりと表示されます。その中から「instagramで写真を共有したらtwitterで同じ写真を共有するレシピ」を選択し、マイレシピに保存します。それぞれinstagramとtwitterへのアクセスを許可を求められます。IDやパスワードを入力したりしてアクセス許可をしましょう。それが終了したらIFTTT上での操作は完了です。これでinstagramの投稿をtwitter上で写真付きで共有することができます。
 

instagramとtwitterが連携できると更新が楽

 
以上の手順でinstagramで投稿した写真がtwitter上でもちゃんと表示されるようになります。

instagramの投稿で一番力を入れるのが写真です。撮影や加工に時間と体力を費やした写真たちをせっかくならtwitterにもしっかり表示させたいもの。IFTTTを使ってinstagramとtwitterを連携させることで両方のタイムラインに一番重要な写真を、一回の投稿で同時に共有することは、宣伝効果を拡大しつつも負担を減らすことができるなんともお得な方法です。IFTTTは多くのSNS、webサービスにも対応しているのでそれを利用してさらに効率よく、宣伝を行うことも可能にしてくれるかもしれません。instagramやtwitterのようにサービスの連携を促進し、手順を簡易化することで効用を最大化していきましょう。
 

この記事を友達にシェアしよう! ツイートする シェアする
別々に更新しない!TwitterとInstagramの連携方法
この記事が気に入ったらいいね!しよう

ソーシャルラボの最新情報をお届けします

関連タグ InstagramTwitter

Social Lab

ソーシャルラボは株式会社新東通信によって運営されています。
インフルエンサーの活用方法、企業アカウントの運用事例など、
ソーシャルメディアを有効に活用できるよう情報発信を行っています。