Close
TOP > SNS広告 > インフルエンサーには偽者がいる?本物を見極める方法とは

2018.04.18インフルエンサーには偽者がいる?本物を見極める方法とは

インフルエンサーと呼ばれる人のなかには、本物と偽者がいます。今回は、特に偽者と本物、両方の特徴について見ていきます。

企業のほうから見ると、本物のインフルエンサーを起用してこそ、望むべく効果を得ることができます。

単に多くのフォロワーを持った偽者のインフルエンサーよりも、フォロワー数では劣っても確かなフォロワーへの影響力がある本物のインフルエンサーを使ったほうが、企業にとっては多くのメリットを得ることが可能です。

目次

・偽者のインフルエンサーの特徴

1.フォロワーの水増し
2.セクシー写真ばかり
3.一貫しない商品PR

・本物のインフルエンサーから共通点を探る

・インフルエンサーの偽者と本物についてまとめ

 

偽者のインフルエンサーの特徴

 

 

1. フォロワーの水増し

 

それこそ、フォロワーをお金で買って水増ししているアカウントは、分かりやすい偽者です。

こういった偽者に引っかかってしまうと、企業はお金を無駄にして、なんのPR効果も得ることはできません。

最近では、インフルエンサー市場もだいぶ円熟してきています。

特に顕著なのは、消費者の目が肥えてきたことです。

先に挙げた水増しアカウントには、以前は簡単に騙されていたユーザーも、今ではすぐに気づけるようになっています。このアカウントなんか怪しくない? と思った時点で、ユーザーはフォローをすることもなく去っていきます。

 

2. セクシー写真ばかり

 

フォロワー欲しさに、胸の谷間や水着写真など、セクシーな投稿ばかりが目立つアカウントも同様です。

なんか必死すぎて見ててつらい、などと思われて、やはり消費者の心は離れていきます。

 

3. 一貫しない商品PR

 

「このトリートメントを使ったら指どおりが良くなって髪がサラサラになった」というような商品PRのわずか1週間後に、まったく別のトリートメントを使っている投稿がなされたりすると、お金の臭いを敏感に感じ取って、それまでフォローをしていた人も解除してしまいます。

このように、今では偽者が生き残れない市場になってきています。

逆に、本物のインフルエンサーは、上に挙げてきたような行為は絶対にしていません。だからこそ根強い人気を集めていて、フォロワーからの信頼も厚いです。

 

本物のインフルエンサーから共通点を探る

 

 

ゆうこす


 

ゆうこすの相性で親しまれる菅本裕子さん(@yukos0520)は、正に本物のインフルエンサーと言えます。

若くて可愛い女性で、インスタグラムは33万8000人のフォロワーを有しています(2018年3月21日現在)。

彼女の特徴は、ユーザーに対するホスピタリティーです。

コメントは基本的に全部見ていて、返信も多くしています。

憧れの女性に自分のコメントを見てもらえるだけでも嬉しいのに、返事まで来たらハッピーな気分になりますよね。

こういったサービス精神が、ゆうこすの特徴であり、本物のインフルエンサーに共通するものだと言えます。

ゆうこすは自分を撮った写真が多くて、どれも可愛さに溢れています。

一貫した世界観が感じられます。

そこに嘘はなく、正直な投稿ばかりです。商品PRばかりの偽者とは一線を画しています。

 

MOYA


 

MOYAさん(@moyamoya2121)も、10万人近いフォロワーを獲得していて、本物のインフルエンサーとして知られています。

ゆうこすは自分の写真が多かったですが、MOYAさんは自分の顔を撮った写真はそれほど多くありません。

基本的には、旅先の綺麗な風景やお店が写し出されています。

MOYAさんの投稿は、どこなくセピアな香りのする写真ばかりで、ゆうこすとはまた違った世界観で統一されています。

また、MOYAさんもゆうこすと同じように、フォロワーに対するホスピタリティーが高いです。

丁寧なコメント返しに愛を感じているユーザーも多いです。

 

インフルエンサーの偽者と本物についてまとめ

 

 

このように、インフルエンサーには偽者と本物がいます。以前は、偽者が我が物顔で企業にアピールして、会社のほうも見る目がなくてそういった人に依頼をしてしまうケースが多かったです。

今でもこういった残念なことは起こっています。

本物のインフルエンサーは、統一された世界観と、フォロワーへのホスピタリティーの両方を兼ね備えています。

だからこそ、フォロワーから確固たる信頼を獲得していて、さらにそれだからこそ、紹介した商品の影響力も絶大なものがあるわけです。

逆に偽者のインフルエンサーを起用して商品をPRしてもらっても、プラスにならないどころではなくて、「またステマか、どうせ良い商品じゃないだろうな」と、マイナスの効果を生んでしまいます。

大事なのは、本物のインフルエンサーを見極めて、その人の個性を生かしながら自然に商品をPRしてもらうことです。

 

 

この記事を友達にシェアしよう! ツイートする シェアする
インフルエンサーには偽者がいる?本物を見極める方法とは
この記事が気に入ったらいいね!しよう

ソーシャルラボの最新情報をお届けします

Social Lab

ソーシャルラボは株式会社新東通信によって運営されています。
インフルエンサーの活用方法、企業アカウントの運用事例など、
ソーシャルメディアを有効に活用できるよう情報発信を行っています。