Close
TOP > SNS広告 > インフルエンサーのキャスティングって何?重要なポイントは?

2018.07.15インフルエンサーのキャスティングって何?重要なポイントは?

 

インターネット上で多大な影響力を誇っているのが「インフルエンサー」です。

そして、そのインフルエンサーを起用して商品やサービスを宣伝するマーケティング手法が注目を集めています。

インフルエンサーの影響力が商品の認知度を高め、ターゲットの購買意欲を向上させてくれるのです。

しかし、インフルエンサーをキャスティングする際には、いくつか気を付けなければならないことがあります。

今回は、インフルエンサーを起用する際の注意点など、重要なポイントを紹介します。

 

目次

・インフルエンサーのキャスティングとはどういうもの?

・インフルエンサーマーケティングが注目されている理由

・インフルエンサーのキャスティングに欠かせないチェック項目

・キャスティングで忘れてはならない重要なこととは?

・キャスティングをする前によく確認しておこう!

 

インフルエンサーのキャスティングとはどういうもの?

 

「インフルエンサー」とは、影響や感化といった意味の「Influence」を語源とした、世の中に大きな影響を与える人たちのことです。

特に、インターネット上で消費者に購買意欲を与える人のことを指しています。もともとはファッションモデルやスポーツ選手、政治家などがインフルエンサーの代表でした。

その後、インターネットが発達 するにつれ、ブログや動画サイト、ソーシャルメディアなどで支持を得ている人たちもインフルエンサーと呼ばれるようになりました。

例としては、大手動画サイトの「YouTube」で人気を博している「YouTuber」や、写真共有SNSの「インスタグラム」で人気の「インスタグラマー」などです。

そして、自社の商品などを宣伝してもらうインフルエンサーを選んで依頼することを「キャスティング」といいます。

キャスティングを専門に請け負っている会社もあり、依頼するインフルエンサーのリストアップから各インフルエンサーとの交渉、商品のサンプルの発送や管理、最終的なレポーティングや料金の支払いなど、幅広いサービスを利用できます。

当然、キャスティングサービスには利用料がかかるので、その会社がキャスティングについてどれだけノウハウを持っているかなどを見極める必要があります。

キャスティングしたいインフルエンサーに直接連絡するという方法もあります。

支払いがインフルエンサーへの報酬のみとなるので、費用が安く済むことがメリットです。

 

インフルエンサーマーケティングが注目されている理由

 

インフルエンサーマーケティングとは、その名の通りインフルエンサーを起用したマーケティングのことです。

企業が直接消費者に対してメッセージを発信する従来のマーケティングよりも、より効果的に商品への認知度や購買意欲の向上を可能にする手法として注目されています。

具体的な方法としては、インフルエンサーに企業の商品やコンテンツを実際に利用してもらい、商品やサービスの内容、利点をブログやSNSを使って宣伝してもらうのが一般的です。

インフルエンサーによる投稿がほかのユーザーに「拡散」されることにより、大幅に認知度を上げることが狙いのひとつです。

10代、20代の女性に人気のあるファッションモデルなど、特定のコミュニティ内で人気のインフルエンサーを起用すれば、企業は効率的にターゲットに対して宣伝することが可能となります。

インフルエンサーはターゲットにとって魅力的で共感できるコンテンツを配信してくれるため、ターゲットのあいだで「口コミ」が広がり、どんどん拡散力が強くなっていくのです。

また、普段スルーされがちな広告でも、インフルエンサーを起用することでターゲットの目に留まりやすくなります。

自分がフォローしているインフルエンサーが宣伝している商品であれば、どんなものかと注目する人は多いでしょう。

インフルエンサーの影響力は強く、ターゲットの購買決定につながる重要な要素なのです。

 


 

 

 

インフルエンサーのキャスティングに欠かせないチェック項目

 

インフルエンサーマーケティングにおいては「どのインフルエンサーに宣伝してもらうか」が重要になってきます。

まずは、起用したインフルエンサーの投稿スタイル(使用するSNS・サイト)が、実践したいキャンペーンにマッチしているかどうかを確かめましょう。

フォロワー数が多くても、自社のブランドとの相性が悪ければ、思うように宣伝効果を得ることはできません。

フォロワー数が多いという理由だけでインフルエンサーを選んでも、宣伝したい商品のジャンルや世界観が適していなければ拡散力は弱まってしまうので、注意が必要です。

また、頻繁に広告宣伝を行っているインフルエンサーかどうかも重要です。

依頼しても、宣伝頻度が少なければ商品の認知度向上は望めません。

起用するインフルエンサーのコミュニケーションに問題がないかをチェックすることも大切と言えます。

具体的には、SNSの投稿内容や動画の配信内容、フォロワーとのやり取りです。

きちんと商品を使わずにいい加減な宣伝をしてしまうようなインフルエンサーを起用すると、商品の悪評が立って逆効果になってしまいます。

起用するインフルエンサーの普段の活動に目を向けるようにしましょう。

また、インフルエンサーの普段の投稿に対して「いいね!」や「リツイート」などのエンゲージメントがどれほどあるかも確認が必要です。

フォロワー数が多いのにエンゲージメントが少ない場合は、インフルエンサーの影響力があまり強くないということです。

インフルエンサーに対しての反応が多いほど、宣伝効果を見込めます。

フォロワー数自体が偽装されたものである可能性もあるので、普段のエンゲージメントは必ず確認しておきましょう。

 

キャスティングで忘れてはならない重要なこととは?

 

インフルエンサーを起用する前に、宣伝に使うプラットフォームを準備しておきましょう。

どんなプラットフォームを使ってマーケティングを構築していくのかが、その後の運用の負担や活動の幅を決める重要なポイントです。

SNSなのか、ブログなのか、動画サイトなのか、インフルエンサーと自社の商品のイメージに合わせて、プラットフォームを作っていきましょう。

また、起用するインフルエンサーのことは、事前によく調べることが重要です。

先にも述べましたが、インフルエンサーの普段の活動内容はチェックしておきましょう。

さらに、希望する投稿内容について、事前に説明することも大切です。

インフルエンサー自身の問題だけでなく、依頼する側の態度によっても、悪評を立てられてしまう可能性があります。

インフルエンサーマーケティングには、お互いの信頼関係の構築が不可欠なのです。

 

キャスティングをする前によく確認しておこう!

 

インフルエンサーマーケティングの成功は、起用するインフルエンサーにかかっています。

自分たちが宣伝したい商品やサービスにマッチしているのか、きちんと宣伝をしてくれるのかなど、よく検討したうえで依頼するようにしましょう。

 

 

この記事を友達にシェアしよう! ツイートする シェアする
インフルエンサーのキャスティングって何?重要なポイントは?
この記事が気に入ったらいいね!しよう

ソーシャルラボの最新情報をお届けします

Social Lab

ソーシャルラボは株式会社新東通信によって運営されています。
インフルエンサーの活用方法、企業アカウントの運用事例など、
ソーシャルメディアを有効に活用できるよう情報発信を行っています。