Close
TOP > SNS広告 > 注目!インフルエンサー活用術最前線

2018.04.18注目!インフルエンサー活用術最前線

 

インフルエンサーとは、世間に大きな影響力(特に購買行動への影響力)をもつ人のことで、かつてはテレビや雑誌に出演する芸能人、スポーツ選手を始めとする「有名人」がインフルエンサーの主流でした。

現在ではYouTubeやTwitter、Instagramなどで数十万人以上の「フォロワー」を有する、「トップインフルエンサー」と呼ばれるネットメディア内の有名人が、企業とコラボして商品のプロモーションを行うという形態が主流となっています。

このインフルエンサー・マーケティングは、これまでの宣伝広告費の数分の一で拡売効果が得られるということで、一躍メジャーなマーケティング手法となりました。

ところが、ユーザーアクティブ率のさらなる向上を考えた場合、トップインフルエンサーの起用は費用対効果の面で課題が残ったようです。

そこで、次に注目されるようになったのはマイクロインフルエンサーと呼ばれる方々です。

 

目次

・今後の主流?!「マイクロインフルエンサー」とは

・人気のマイクロインフルエンサー

・マイクロインフルエンサー活用事例

・注目され始めた「ナノインフルエンサー」

 

 

今後の主流?!「マイクロインフルエンサー」とは

 

マイクロインフルエンサーとは、フォロワーが1万~10万人程度のインフルエンサーです。

世間への影響力は総体的には大きくありませんが、特定のコミュニティ内で影響力のある人のことを指します。

スナップマート株式会社の代表を務める江藤美帆さんのお話しによると、「数十万フォロワーになってくると、やっぱり熱心なフォロワーの比率が低くなってしまう」、「フォロワー数が5,000から3万人くらいまでが、一番コスパが良い」のだそうです。

つまり、マイクロインフルエンサーのほうが、コスパが良いとのご指摘なのです。

また、THECOO株式会社の調査によると、1~10万人のファンを抱えるマイクロYouTuberの影響力は、ファン数100万人以上のスターYouTuberの約2倍との報告もあり、マイクロインフルエンサーに注目が集まっています。

 


 

人気のマイクロインフルエンサー

 

 

1.小田川エリカさん(0904.erika)

毎日インスタグラムに投稿する可愛いファッションが人気のインフルエンサーです。そのフォロワー数は9万6900人に達しています。彼女が来ている服を真似て、服を購入する女性が多いのだとか。

 

2. Yurieさん(yuriexx67

女性キャンパーのYurieさんのインスタグラムのフォロワー数は6万2700人。インフルエンサー・アワード・ジャパン2016で最優秀マイクロインフルエンサーに輝きました。

キャンプとオシャレという、およそ結びつきそうにない分野が彼女独自の世界観によって見事に融合されています。彼女が使用しているキャンプ用品には人気が集まりそうです。

 

3.氏くん(@ujiqn)

企画作家の氏君のTwitterのフォロワー数は2万4300人を超えています。

『54字の物語』『ツッコミかるた』の著者としても知られ、さらなる出版業界とのコラボにも期待が集まっています。

 


 

 

マイクロインフルエンサー活用事例

 

マイクロインフルエンサーの活用について秀逸なサービスを提供している企業があるので、まずはそれをご紹介したいと思います。

株式会社BitStarは企業とインフルエンサーをマッチングするサービスを行っています。さらに注目したいのはBitStarがインフルエンサーの新規開拓のためのインフルエンサー所属プロダクションも運営しているという点です。

以下にBitStarを通じてマイクロインフルエンサーを活用した事例をあげます。

 

1.化粧品業界の新しいプロモーション施策!BCLカンパニーのインフルエンサーPRの事例

 

肌の悩み別に6種類の商品を展開している、エファクトという美容液のPRを知名度はまだ高くないが、将来有望なマイクロYouTuberに依頼。

言葉では煩雑になりがちな使用法の説明が、YouTuberの実演によってわかりやすく変貌し、サイト内の動画再生数が格段にアップ。

 

2.YouTuberをオーディション形式で発掘し長期契約へ。美少女横スクロール型アクションゲーム「崩壊学園」のYouTuber PR事例

 

株式会社miHoYoが提供する、美少女横スクロール型アクションゲーム「崩壊学園」のPRにおいて、4名のマイクロYouTuberをアンバサダー実況者として起用。

アンバサダー実況者とはゲームの認知度を高めるために、様々な実況企画を動画配信する実況者のことだそうですが、実際に、動画配信の度にインストールが10~20%増加したとの結果が得られました。

 

注目され始めた「ナノインフルエンサー」

 

ナノインフルエンサーのフォロワーは1,000人~1万人ほどですが、ニッチなジャンルに精通した投稿を行う人が多いという特徴があります。

フォロワーからは専門家的な信頼が高く共感も得やすいため、マイクロインフルエンサーよりもユーザーアクティブ率が高いと言われています。

このナノインフルエンサーのポテンシャルに早くも注目している企業があります。

HEAPS.株式会社の代表取締役 春日原 森氏の話によると

ナノインフルエンサーに「コンテンツへの深い関与を通じて“自分なりのストーリーと共感”を完成してもらうこと、それを“リアリティのある言葉”で語ってもらうこと、が重要」そして、「その信頼できる投稿こそが、フォロワーたちの疑似体験と共感を増幅させるのです」

ナノインフルエンサーのニッチな分野への影響力の強さをうかがわせるコメントです。

 


 

この記事を友達にシェアしよう! ツイートする シェアする
注目!インフルエンサー活用術最前線
この記事が気に入ったらいいね!しよう

ソーシャルラボの最新情報をお届けします

Social Lab

ソーシャルラボは株式会社新東通信によって運営されています。
インフルエンサーの活用方法、企業アカウントの運用事例など、
ソーシャルメディアを有効に活用できるよう情報発信を行っています。