Close
TOP > インフルエンサー紹介 > インフルエンサーをキャスティングする方法を大公開!

2018.04.18インフルエンサーをキャスティングする方法を大公開!

 

自社の商品やサービスの認知度を上げるには、優秀なインフルエンサーのキャスティングが必要です。もしかして、下記のようなことで、お悩みではないですか?

 

・会社の周辺に、インフルエンサーがいない…。

・インフルエンサーのキャスティング方法が分からない…。

・インフルエンサーを利用したマーケティングを成功に導きたい!

 

「優秀なインフルエンサーに仕事を頼みたい!」という思いがあっても、今一つよく分からないことって、たくさんありますよね。今回は、インフルエンサーをキャスティングする方法をいくつかご紹介します。

 

目次

・優秀なインフルエンサーが多数在籍する専門業者に依頼する

・過去に取引した広告代理店にインフルエンサーマーケティングを依頼する

・インフルエンサーにダイレクトメッセージを送付して仕事を依頼する

・インフルエンサーをキャスティングする方法のまとめ

 

優秀なインフルエンサーが多数在籍する専門業者に依頼する

 

 

インフルエンサーが多数在籍する専門業者に依頼すれば、自社で最適な人材を探す必要はありません。

一定の基準を満たす、インフルエンサーをすぐに紹介してもらえるため、発注からマーケティングまで一定のスピード感を保ったままビジネスを展開できます。

たとえば、TwitterやFacebook、Instagramなどの主要メディアで活躍するインフルエンサーを個人的にオファーするには、成果物に関する権利譲渡契約書の作成や報酬形態の決定、請求書の送付、秘密保持契約書の作成が必要です。

しかし、専門業者に依頼すれば、それらの面倒な手続きを事前に代理で行ってくれるため、自社のマーケティング担当者の負担が一気に軽減されます。

また、依頼する専門業者によっては、マーケティング後の広告効果想定も実施してくれるため、分析結果が自動的に蓄積されていきます。

 

過去に取引した広告代理店にインフルエンサーマーケティングを依頼する

 

広告代理店との取引を頻繁に行っている方なら、すでにインフルエンサーについて相談した経験があるかもしれません。

過去に取引経験がれば、自社のビジネス背景を理解したうえで、適切な施策を提案してもらうことができます。

しかし、広告代理店は、直接インフルエンサーを自社で管理しているわけではないため、再度、インフルエンサーが在籍する専門業者への発注が行われます。

この場合、2重の仲介手数料が発生し、発注コストが割高になると同時に、相互の意思決定に時間がかかるため、多くの費用的・時間的コストが発生します。

 

インフルエンサーにダイレクトメッセージを送付して仕事を依頼する

 

もし、自社の商品との相性が良さそうなインフルエンサーがSNSにいた場合は、ダイレクトメッセージを送信して、依頼可能か相談してみましょう。

この方法は、あらゆるインフルエンサーのキャスティング方法の中でも、もっともコストを抑えて発注できます。

しかし、お互いの意思疎通や連携が上手くいっていないと、今まで築き上げてきた商品ブランドを大きく損なうこともあるため注意が必要です。

また、視聴者からの反応率の高いインフルエンサーほど、報酬が高額になり、たくさんの依頼が入るため、こちらが提示する料金では、仕事をしてもらえないこともあります。

一方で、インフルエンサーが多く在籍する専門業者なら、自社の料金と要望に見合ったインフルエンサーをいくつか紹介してくれるため、再びインフルエンサーを探す手間が発生しません。

 

インフルエンサーをキャスティングする方法のまとめ

 

SNSで活躍するインフルエンサーを起用するには、広告のガイドラインに関する最低限の知識も必要です。

その点について理解することなく、個人のインフルエンサーに仕事を発注すると、“ステマ”などの問題が起きることも充分に考えられます。

インフルエンサーの専門業者に依頼すれば、広告のガイドラインの重要性を理解し、その点ついて了承が得られたインフルエンサーに仕事の依頼ができます。

ぜひ、自社の商品やサービスとマッチングするインフルエンサーをキャスティングしてみてはどうでしょうか。

 

この記事を友達にシェアしよう! ツイートする シェアする
インフルエンサーをキャスティングする方法を大公開!
この記事が気に入ったらいいね!しよう

ソーシャルラボの最新情報をお届けします

Social Lab

ソーシャルラボは株式会社新東通信によって運営されています。
インフルエンサーの活用方法、企業アカウントの運用事例など、
ソーシャルメディアを有効に活用できるよう情報発信を行っています。