Close
TOP > SNS活用メソッド > DMの送り方のポイントは?送れないケースもある?

2018.09.06DMの送り方のポイントは?送れないケースもある?

 

ツイッターやインスタグラムなどのsnsでは、dm(ダイレクトメッセージ)というメッセージ機能を利用することができます。
メールアドレスを知らなくても、アカウント上でやりとりができるため、気軽に特定のユーザーと繋がることができます。

また、他のユーザーに内容を見られることなく、会話できることもdmのメリットです。
今回はツイッターとインスタグラムのdmの送り方のポイントを詳しく説明していきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

目次


・dmは誰にでも送れるわけじゃない?やり取りできる相手は?

・dmを送りたいのに送れない!考えられる原因は?

・パソコンやスマホを利用したtwitterでのdmの送り方は?

・インスタグラムでdmを送るための方法は?

・dmをスムーズに送れるように!送り方を覚えておこう

 

dmは誰にでも送れるわけじゃない?やり取りできる相手は?

 

ツイッターとインスタグラムはdmを送ることができますが、誰にでも送れるわけではありません。
また、snsによって少し使用のルールが違います。まず、ツイッターは自分のフォロワーだけにメッセージを送信することができます。
受信に関しては、自分がフォローしているユーザーからのみ受信可能になります。

しかし、ツイッターは誰からでもメッセージを受信できるようにする設定もあります。
一方で、インスタグラムはフォローしている、されている関係なしに、メッセージを送受信することができます。

お互いフォローしていない関係性であれば、メッセージを送信したときに相手は自分のメッセージを「承認する」「承認しない」を選択することが可能です。そのため、確実にメッセージが届くわけではありません。
他にも、ツイッターとインスタグラムは、共通してブロックされているユーザーに対してはメッセージを送れませんので、ブロックされていないユーザーにメッセージを送りましょう。

 

dmを送りたいのに送れない!考えられる原因は?

 

dmを送りたいのに、送れないときもあるのではないでしょうか。
dmが送れない原因は、まずブロックされている可能性があるということです。
相手がブロックしていると、送った側からはメッセージが未読として表示される状態です。

しかし、相手は通知がこないので、メッセージを受信したことを認識することはできません。
ブロックされている以外では、dm機能やsnsそのものに不具合が生じている可能性があります。

不具合が出ている場合は、他のユーザーのつぶやきや投稿を見て、情報をチェックしてみましょう。
他にも、電波状態が悪いと、メッセージを送ることはできません。
Wi-Fi接続やモバイルデータ接続の確認も必要です。
また、インスタグラムのヘルプセンターでは、よくある質問コーナーやトラブルシューティングなどがあり、dm送信時のエラーについての解決方法が記載されているかもしれませんので、有効活用しましょう。

 

パソコンやスマホを利用したtwitterでのdmの送り方は?

 

ツイッターの具体的なdmの操作方法を説明します。
まず、パソコンの場合は、画面右上の「メッセージ」を選択します。

次にメッセージを送る相手を検索して、文面を入力し送信します。
スマホの場合は、画面右上のメールのアイコンをタップします。

次に「新しいメッセージ」アイコンをタップして、ユーザー名を入力し、次に進みます。
最後に文面を入力して送信します。このようにツイッターのdmの送り方は、スマホとパソコンでも、簡単に手軽に行うことができます。
ツイッターは送信した自分のメッセージを削除しても、相手側のスレッドからは消えないので、内容や送り主に間違いのないように慎重に送りましょう。

 

インスタグラムでdmを送るための方法は?

 

インスタでdmを送る方法は2つあります。受信ボックスから送信する方法と、公開されている写真から送信する方法です。
まず、受信ボックスから送信するには、タイムラインの右上にある紙飛行機のアイコンをタップします。

次に右上にある「+マーク」をタップして、新規メッセージの作成を行います。
最後に宛先のユーザーを選択して、メッセージを送信し、完了です。
公開されている写真から送信するには、まず送りたい写真のコメント欄にある紙飛行機型のアイコンをタップします。

そして、宛先とメッセージを入力して送信します。
インスタグラムには、たくさんおしゃれな写真が投稿されています。

見た写真をdmでシェアしたいときには、公開されている写真から送信する方法を使いましょう。
このようにインスタでは目的によってdmを送る方法を使い分けすることができます。

また、削除したいメッセージがあれば、メッセージを長押しすることで消去することができます。
そのとき、相手側のスレッドからも自分が送ったメッセージが消去されます。
万が一、送る相手を間違ったり、送る内容が間違ったりした場合は速やかに削除しておきましょう。

 

dmをスムーズに送れるように!送り方を覚えておこう

 

ツイッターやインスタグラムのdmを使いこなすことができれば、企業にとっても有効活用することができます。
例えば、企業でインスタのキャンペーンを行なったときは、当選者にdmを送ることが可能です。
インスタグラムは、フォローしていなくても、メッセージを送ることができるので非常に便利です。

また、dmを利用すれば、本名や住所といった個人情報も守ることができます。
他にも、企業としてインフルエンサーマーケティングを導入する場合は、インフルエンサーを探す必要があります。
気になったインフルエンサーに、企業からオファーするときにもdmを利用すれば、インフルエンサーとコンタクトをとることが可能です。

投稿に対するコメントだと相手が見落としてしまう可能性があるので、インフルエンサーにオファーするときは、dmを利用して直接やりとりをしましょう。
ツイッターの場合は、気になったインフルエンサーがいても、相手が自分をフォローしていないとdmを送ることができません。
そのため、ツイッターでdmをしたいインフルエンサーがいる場合は、相手のツイートに返信して、まずフォローしてもらえるようにお願いをしましょう。

しかし、いきなり「フォローしてください」と送ると、相手は怪しいと思ってしまう可能性があるので、dmをしたい理由をしっかりと伝えることが大切です。
dmのやりとりからインフルエンサーに対してのオファーが成功すれば、商品やサービスの宣伝を拡大することができます。
インフルエンサーと繋がっていくためには、企業から積極的にコンタクトをとらなければいけません。

その手段としてsnsのメッセージ機能は十分使えるのではないでしょうか。
snsのメッセージ機能はシンプルで使いやすいです。しっかり企業のweb担当者はdmの送り方を覚えて、自社のマーケティング業務に役立てましょう。

 

この記事を友達にシェアしよう! ツイートする シェアする
DMの送り方のポイントは?送れないケースもある?
この記事が気に入ったらいいね!しよう

ソーシャルラボの最新情報をお届けします

Social Lab

ソーシャルラボは株式会社新東通信によって運営されています。
インフルエンサーの活用方法、企業アカウントの運用事例など、
ソーシャルメディアを有効に活用できるよう情報発信を行っています。