TOP > マーケティング > Instagramを利用するなら!チェックすべき規約特集

2018.09.02Instagramを利用するなら!チェックすべき規約特集

 

写真や動画を投稿し、世界中の人とつながりを持つことができるアプリケーションであるインスタグラムですが、そのインスタグラムを利用するうえで欠かせないのは「規約のチェック」といえるでしょう。
インスタグラムにはいくつもの規約が定められていますが、特に知っておかないといけない規約にはどのようなものがあるのかを紹介していきます。
インスタグラムの規約に関しての正しい知識を身につけて、利用するようにしましょう。

 

目次

インスタグラムを利用できるのはどんな人?

インスタグラムの規約で定められている禁止行為

インスタグラムの利用規約は変更されることがある!?

利用規約の変更で画像が広告素材として使われるように!

規約をよくチェックしてからインスタグラムの利用を!

 

インスタグラムを利用できるのはどんな人?

 

インスタグラムは、あらゆる人が写真や動画を投稿するなどして利用することができるアプリケーションですが、利用することができる人には制限があります。
いくつかの条件がありますが、まず1つ目としては13歳以上、もしくは自国でインスタグラムを利用できる法定年齢に達している人という決まりを挙げることができます。
また、インスタグラムのサービスの提供を受けることを禁止されていない人や法令違反などによって過去にアカウントを停止されていない人という条件もあります。

それらに加えて、性犯罪者ではない人という決まりも存在しています。インスタグラムを利用するには、これら4つの条件にすべて当てはまる必要があるのです。
ここで挙げた条件に、1つでも当てはまらないものがある場合は利用することができません。そのため、一定の条件をクリアしている人ということができるので、安心して利用することが可能です。

このような条件は、インスタグラムを運営するFacebook, Inc.がインスタグラムというサービスを開放的なものにすることや、安全かつ確実、そして法に適しているものにしたいという思いを持っていることから考えられています。この制限事項を守れる人のみで、正しい使い方をして楽しむのがインスタグラムであるといえるでしょう。

 

インスタグラムの規約で定められている禁止行為

 

インスタグラムを利用することができる人には制限がありますが、利用条件をクリアしたインスタグラム利用者に対しても、利用する上で守らなければいけない決まりがあります。
インスタグラムの規約で定められている禁止行為としては、さまざまなものが存在しています。

他人へのなりすまし・不正確な情報の提供・詐欺的な行為に加えて、インスタグラムのサービスの運用に支障をきたす意図的な行為・不正なアカウント作成や情報へのアクセスや取得行為・アカウントの購入や販売・譲渡なども禁止事項と決められています。

また、これだけでなく、個人情報や秘密情報の投稿・他者の権利を侵害する行為・無許可でドメイン名・URLをユーザーネームに使用する行為もおこなってはいけないことと定められているので、利用する際には気を付けて下さい。インスタグラムを安全に利用して、楽しむためにも、このようなインスタグラムの規約で定められている禁止事項をよく確認して使うようにしましょう。

 

インスタグラムの利用規約は変更されることがある!?

 

インスタグラムの利用規約は更新される場合があります。利用規約が変更された場合は、それに伴い、更新のお知らせや同意のお願いに関するメールが届く仕組みとなっています。
メールを開くと「利用規約に同意する」と書かれたボタンがあるので、同意する場合は、そのボタンをクリックするようにしましょう。

メールの文面から同意する以外の方法としては、インスタグラムにあるハートマークのタブを開くと「利用規約とデータに関するポリシーの変更点を確認してください」という表示が出ていることがあります。
この表示をクリックすることで利用規約の更新に関する内容や更新に際しての説明などを紹介する文章、メールでのお知らせと同様に「利用規約に同意する」という同意ボタンが現れます。

文章の内容を確認して同意ボタンをクリックすれば、このような表示は消えて、通常通りの使用を続けることが可能になるのです。
ちなみに、このようなお知らせを無視し続けたりするなどして同意しないと、アプリ内に同意要求の表示がされ続ける可能性があるだけでなく、インスタグラムを利用できなくなる可能性があるので気を付けましょう。
インスタグラムを利用し続けるには、同意する必要があると言えます。

なお、このようなアクティビティの表示に関しては、同意する以外にも左上に表示されるバツマークをクリックすることで表示を閉じることができるほか、「他のオプションを見る」というボタンを押すこともできます。
「他のオプションを見る」というボタンを押すと、「Instagramの新しい規約に同意しない場合、どのようなオプションがありますか」という質問に対する回答が提示されているリンクにとぶようになっています。

そこには、同意しない場合には自分のデータのダウンロード・シェア(投稿)した情報(写真や動画など)の削除に加えて、アカウントの一時停止やアカウントの削除の可能性があることが記載されています。
なお、インスタグラムの最新の規約を確認するためには「利用規約 | Instagramヘルプセンター」のリンクから見ることが可能です。

 

利用規約の変更で画像が広告素材として使われるように!

 

インスタグラムでは、2013年1月16日の規約とプライバシーポリシーの変更により、投稿した画像がfacebookの広告素材に無断・無報酬で使われるようになりました。
コメントやユーザー名も含むと言われています。そのため、インスタグラムを利用する場合にはfacebookの広告に使われることを踏まえたうえで写真を投稿する必要があるでしょう。

なお、転用された広告素材の内容に関する法的な責任は未成年も含む、インスタグラムに投稿した者にあると定められているのです。
このため、今後インスタグラムに投稿するコンテンツは、法的責任を負う必要がないものであることも確認しながらアップするようにしなくてはいけません。

 

規約をよくチェックしてからインスタグラムの利用を!

 

インスタグラムには紹介してきたようなチェックすべき項目が数多くあります。
利用規約の更新のお知らせが来ても、よく読まずに同意してしまうことで、知らず知らずのうちにトラブルに巻き込まれる可能性も否めません。
手軽にコンテンツを投稿し、多くの人とコミュニケーションを取ることができるインスタグラムですが、きちんと利用規約を読んだうえで利用することが大切です。
利用規約に納得した上で同意し、楽しく利用しましょう。
 

この記事を友達にシェアしよう! ツイートする シェアする
Instagramを利用するなら!チェックすべき規約特集
この記事が気に入ったらいいね!しよう

ソーシャルラボの最新情報をお届けします

関連タグ Instagram

Social Lab

ソーシャルラボは株式会社新東通信によって運営されています。
インフルエンサーの活用方法、企業アカウントの運用事例など、
ソーシャルメディアを有効に活用できるよう情報発信を行っています。