TOP > マーケティング > SMMとは何かを理解してマーケティングに成功しよう!

2018.09.01SMMとは何かを理解してマーケティングに成功しよう!

 

インターネットを活用したマーケティングにはさまざまな種類があります。
そのなかでも、特に注目を集めているのがSMMです。この手法を上手く用いれば、企業の売上アップにつなげていくことも可能です。

ただ、SMMとは具体的にどういったものなのかを知らないという人も少なくありません。
そこで、SMMについて詳しく知りたいという人のために、それが何かを説明した上で、その特徴や効果的な活用方法などについて解説をしていきます。

 

目次

・SMMはインターネットを利用するマーケティング手法!

・SMMで行われている主な手法は?活発なコミュニケーション

・SMMのメリットは?認知度の向上が見込める!

・SMMで成功する企業と失敗する企業の差は何か?

・SMMで企業のファンを増やして売上につなげよう!

 

SMMはインターネットを利用するマーケティング手法!

 

そもそも、SMMとは何かというと、ソーシャルメディアマーケティングの略であり、Twitter、Instagram、FacebookなどのSNSを活用したマーケティング手法のことです。
従来の広告による宣伝と比べると、そこには大きな違いがいくつかあります。

まず、従来の広告は情報がメディアから消費者に向けて一方的に伝達されるだけのものでした。
それに対して、SMMは消費者側からも情報を発信することが可能です。
その結果、企業と消費者の距離が近くなり、親近感を持ってもらいやすくなりました。

また、従来の方法で情報を広めるためには、どれだけ多くの広告を打つかといった物量に頼るしかありませんでした。
しかし、SMMでは消費者一人一人が情報発信者となるため、情報の拡散を期待することができます。

一方で、コンテンツの形成は企業主体ではなく、企業と個人の共同作業によって行われるため、時として企業のコントロールを離れて思わぬ結果を招くこともあります。
たとえば、企業側の不用意な情報発信によって批判が集中し、炎上してしまうなどといったケースです。

逆に、情報発信によって大規模な拡散を期待していたのに、全く反応がなくて宣伝効果が得られないといった場合もあります。
以上のように、SMMは魅力的な点が多い反面、その活用方法については十分に気をつけなければならないマーケティング手法でもあるのです。

 

SMMで行われている主な手法は?活発なコミュニケーション

 

SMMでは主に、『ソーシャルメディアへの広告配信』『自社のアカウント活用によるコミュニケーション』『キャンペーンの実施』といった3つの手法が取られています。
まず、広告配信はSNSに備わっている広告機能を活用して宣伝を行うというものです。

ただ、SNSにもいくつかの種類があり、どれを選ぶかによってその成果は変わってきます。
たとえば、twitterは匿名性が強く、気軽に投稿ができるので情報が拡散しやすいというメリットがあります。

したがって、イベント告知のように、短期間で多くの人に情報を伝えたい場合には適したメディアだといえるでしょう。
それに対して、Instagramは写真に特化したSNSです。

そのため、写真映えする商品やサービスを宣伝するのに向いています。
広告の内容も理詰めなものよりも美しい画像を用いた情緒性に訴求したものの方が効果的です。
このように、SMMの手法を用いて広告配信をする際には、複数のSNSの中から自社が宣伝したい商品やサービスに合ったものを選択することが大切です。

次に、自社のアカウントでコミュニケーションを取る手法ですが、これをうまく活用すればユーザーの親近感を高めることが可能になります。
それには単にこちらから情報を発信するだけではなく、ユーザーのアクションに対して適切なタイミングでリアクションを返すことが重要なポイントとなります。

一例を挙げると、twitterでフォローをされたなら、すかさずフォロー返しをしてダイレクトメールを送るといった事柄です。
そうすることで、ユーザーにとって企業が身近に感じられ、その会社の商品やサービスに対する好印象にもつながりやすくなります。

そして、最後はSNSの機能を活かしたキャンペーンです。
これは『特定のツイートにリツイートする』『テーマに沿った画像を投稿する』といった具合に、SNS上で何らかのアクションを起こすことを参加条件にし、参加者の中から抽選で商品や招待券などをプレゼントするというのが一般的な形になります。
こうしたキャンペーンを継続的に行うことで、企業や商品に対する認知度や愛着度のアップが期待できます。

 

SMMのメリットは?認知度の向上が見込める!

 

従来の宣伝手法では認知度の向上を目指そうと思えば、とにかく大々的に宣伝をするしかありませんでした。
したがって、資金力に勝る大企業が圧倒的に有利だったわけです。

しかし、SMMの手法を用いると、小企業でも認知度が向上する可能性があります。
自社で大規模な宣伝を行わなくても各ユーザーが自発的に情報を拡散してくれるからです。
そのため、広告費は低額ですみますし、宣伝のための時間もあまりかかりません。

また、各SNSには年齢・性別・所在地といった具合に、広告を発信したいユーザーを絞り込めるターゲット機能があります。
それを駆使すれば、企業に合った顧客にアピールすることができ、効率の良い集客を図れます。
そういった点も、不特定多数に対して発信をしてきた従来の宣伝手法にはない、SMMならではのメリットです。

 

SMMで成功する企業と失敗する企業の差は何か?

 

SMMは導入の敷居が低いため、多くの企業がその手法を取り入れています。

ただ、せっかく始めてもこれといった成果が上っていない企業も少なくありません。
その原因はなんのためにSMMをするのかといった点を深く考えることなく、漠然と行っているからです。
企業がSMMを始めると、多くの場合は商品やサービスの宣伝に終始しがちです。

しかし、SMMは本来、何かを売り込むための手法ではありません。
ユーザーとの親密度を高めて、商品やサービスのファンを作るためのものなのです。
そのためには、商品の宣伝よりコンテンツの充実を目指す必要があります。

より大切なのは内容の面白さであり、誰かにシェアしたくなったり、企業の好感度が上がったりするようなコンテンツをどれだけ用意できるかです。
SMMで成功を収めている企業はそういったコンテンツ作りに力を入れています。
魅力的なコンテンツを揃えることで、ユーザーを自社のファンにし、そのユーザーがツイートすることでさらに新たなファンを増やしているのです。
その結果、商品やサービスを実際に使ってみたいという人が増え、業績アップへとつながることになります。

 

SMMで企業のファンを増やして売上につなげよう!

 

SMMは従来の広告とは異なる魅力的な宣伝手法です。
ただ、こちらから売りたい商品やサービスの情報を発信しているだけでは成功はおぼつきません。

逆に、ユーザーがSNSを利用する目的を考慮し、それに応える形でコンテンツを整えていくと大きな効果が期待できるようになります。
直接的に商品を売るのではなく、企業のファンを増やすことで売上につなげていきましょう。

 

この記事を友達にシェアしよう! ツイートする シェアする
SMMとは何かを理解してマーケティングに成功しよう!
この記事が気に入ったらいいね!しよう

ソーシャルラボの最新情報をお届けします

Social Lab

ソーシャルラボは株式会社新東通信によって運営されています。
インフルエンサーの活用方法、企業アカウントの運用事例など、
ソーシャルメディアを有効に活用できるよう情報発信を行っています。