TOP > SNS活用メソッド > Instagramでもライバーになれる?ライブ配信の始め方も紹介

2019.11.21

Instagramでもライバーになれる?ライブ配信の始め方も紹介

ここ数年、動画配信によって収入を得ている「ライバー」という職業が世間の大きな注目を集めています。
若年層の人々には、ライバーはすでにSNS時代の新しい仕事として認知され始めていますが、具体的にはどのような職業なのでしょうか?
今回の記事では、ライバーという新しい職業の概要やYoutuberとの違い、Instagramを使ってライブ配信を始める方法などを紹介していきます。
ライバーという存在が気になる方や、これからライブ配信を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ライバーとは?

ライバーとは、動画配信の中でも「ライブストリーミング」という分野で活躍する配信者たちのことを指しています。ライブストリーミングとは、生配信を行う動画のことで、視聴者はまるで配信者とビデオ電話などで直接話しているかのような雰囲気を感じられるという点が特徴的です。動画配信者の代名詞としては、すでに「Youtuber(ユーチューバー)」という言葉が多く知られていますが、昨今ではライブストリーミングの領域で活動する人たちのことを指す「ライバー」という呼称が広まっています。以下では、Youtuberとライバーとの違いについて説明していきます。

Youtuberとの違いは何か?

ライバーとYoutuberの最も大きな違いは、「動画の編集の有無」です。Youtuberは動画に編集を加えた上でYouTubeにアップロードすることができますが、ライバーは基本的には生配信の映像を届けることになるため、動画の編集を行うことができません。
そのため、ライバーはYoutuberよりも配信中に視聴者を飽きさせないコンテンツを提供するスキルが求められています。例えば、独り言でも話し続けられる人や、歌ったり踊ったりなどして、話題がなくても視聴者をその場で楽しませることができるかどうかが重要なポイントです。

また、ライブ配信は一般的にYoutuberの動画よりも再生時間が長い傾向にあり、人によっては一時間以上生配信を続けることも少なくありません。一方、Youtuberには簡潔で見やすい動画を作ることが求められていて、一般的なものでも再生時間が20分を超えることは多くありません。

他にも、ライバーとYoutuberでは異なる点があります。それは「視聴者」です。
ライブストリーミングの最も大きな強みとして「視聴者がリアルタイムで配信者とコミュニケーションを取れる」という点が挙げられます。視聴者はコメントを通して配信者に質問などをしたり、投げ銭と呼ばれるシステムを使ったりして配信者に贈り物をすることもできます。また、そういった視聴者の支援が主な収入となるため、配信者もさまざまな工夫を凝らし、応援してもらえるよう努力をしています。

Instagramでライブ配信を始めるには?

人気SNSアプリのInstagramにもライブストリーミング機能が実装されています。これは「インスタライブ」と呼ばれていて、Instagramのアカウントを持っている人であれば誰でも始めることができるため、多くのユーザーが知り合いやフォロワーに対して生配信で情報を発信する際に使用しています。

使い方はとても簡単で、まずはアプリのメイン画面にあるストーリーボタンをタップして「ライブ」を選択します。その後、「ライブ配信」というボタンを選択するだけで生配信がスタートします。
配信がスタートすると、フォロワーたちには自分がライブ配信を始めたことが通知されるようになっています。また、ライブ中は視聴者数などを確認したり、コメントなどを受け取ったりなど、常にユーザーとのコミュニケーションをとりながら配信することができます。
実際にこのインスタライブを拠点に活躍する、「インスタライバー」と呼ばれる人々も存在しています。

Instagramのライブ配信で人気を獲得するためには?

ライバーとして人気を得るためには、ライブ配信をたくさんの視聴者に見てもらうことが大切です。以下では、インスタライブで人気を得るための重要なポイントについてまとめていきます。

配信の時間帯をフォロワーに合わせる

フォロワーの多くは21時から23時にかけて最も滞在時間が長くなる傾向にあります。せっかく配信を始めても、視聴者がオンラインでなければ配信を見ることができないため、どの時間帯にフォロワーがアクティブになるのかを研究しましょう。

視聴者への挨拶

インスタライブでは、新しい視聴者が配信を見に来るたびにコメント欄にアカウント名が表示されるようになっています。配信に訪れた視聴者に対し、丁寧に挨拶をすることでフォロワーがコメントをしやすくなり、活発なコミュニケーションにつながります。

コメントにはできる限り返事をする

コメントをしてくれている視聴者の気持ちに配慮し、できる限り反応することが大切です。何らかの返答をすることで、一方通行のコミュニケーションにならないよう注意しましょう。

配信のテーマを決めておく

視聴者に対して伝えたいことを事前に決めておきましょう。ただ何となく配信することが悪いわけではありませんが、それだけでは視聴者は飽きてしまいます。できる限り見ている人が楽しめるようなテーマを設定しましょう。

まとめ

今回の記事では、ライバーという新しい職業の概要やYoutuberとの違い、Instagramを使ってライブ配信を行う方法などを紹介してきました。
インスタライブは、アカウントを持っている人なら誰でも今日から配信を始めることができます。Instagramを使ってライバーになりたいと考えている方は、ぜひ、この記事を参考にしてみてください。

この記事を友達にシェアしよう! ツイートする シェアする
Instagramでもライバーになれる?ライブ配信の始め方も紹介
この記事が気に入ったらいいね!しよう

ソーシャルラボの最新情報をお届けします

関連タグ InstagramSNS

ソーシャルラボは株式会社新東通信によって運営されています。
インフルエンサーの活用方法、企業アカウントの運用事例など、
ソーシャルメディアを有効に活用できるよう情報発信を行っています。