TOP > インフルエンサー > インフルエンサーを起用したい!SNSごとのメリットデメリットを徹底分析

2019.10.21インフルエンサーを起用したい!SNSごとのメリットデメリットを徹底分析

SNSなどで活躍するインフルエンサーを活用したマーケティングは「インフルエンサーマーケティング」と呼ばれていて、従来のような新聞やテレビを使った広告とは異なり、インターネットのSNSで宣伝活動を行う新しいマーケティング手法として注目を集めています。
今回の記事では、そのインフルエンサーマーケティングのメリットやデメリットをはじめ、SNSごとのインフルエンサーマーケティングの効果についても紹介していきます。

インフルエンサーマーケティングのメリット

インフルエンサーマーケティングには従来のマーケティング手法とは異なるメリットが多数存在します。具体的には費用対効果の高さなどが挙げられますが、それ以外にもインフルエンサーマーケティングにはさまざまなメリットがあります。

1.ターゲットを絞りやすい

インフルエンサーのフォロワーはそれぞれに異なるため、あらかじめターゲットの性別や年齢などが定まっていれば、適切なインフルエンサーを選択するだけで、アプローチしたい層に訴求しやすいという特徴があります。

2.アドブロックなどに妨害されるリスクが少ない

Webページ上などに表示されるバナー広告などは、ユーザーに嫌悪されやすく、最近ではブラウザやアプリ上で広告を非表示にする「アドブロック」といった拡張機能の導入も一般的になっています。しかし、インフルエンサーの投稿の場合、ユーザーに好意的に受け取られることも多いため、従来型の広告とは違ってブロックされる心配が少ないです。

3.広告費用を抑えられる

インフルエンサーにPRを依頼する場合、一般的な相場は1フォロワーあたり2〜3円とされています。よって、フォロワーが2万人いるインフルエンサーに投稿を依頼する際の広告費は4〜6万円ほどになります。これは従来のような新聞広告やテレビ広告などと比較すると非常に安価です。

インフルエンサーマーケティングのデメリット

多数のメリットがあるインフルエンサーマーケティングですが、反面デメリットも存在します。リスクやデメリットもあらかじめ把握しておきましょう。

1.炎上のリスクがある

インフルエンサーマーケティングは同時に炎上のリスクも抱えています。
例えば、フォロワーに対して宣伝であることを伝えずに宣伝行為を行う「ステルスマーケティング」などでは、そうした行為が発覚した際にユーザーの怒りを買うこととなり、企業のイメージダウンにつながってしまう場合があります。

2.単発では効果が出にくい

インフルエンサーマーケティングにおいては、単一の投稿だけで目立った効果を得ることは難しいとされています。一度の投稿でフォロワーに記憶的なアプローチすることは難しく、またフォロワーがインフルエンサーの投稿を毎回必ず読んでいるとは限らないため、より良い結果を得るためにはインフルエンサーと協力し、定期的に商品の宣伝を行っていくことが大切です。

インフルエンサーマーケティングの効果をSNSごとに分析

SNSを活用したインフルエンサーマーケティングでは、さまざまなサービスが用いられますが、それぞれ効果が異なります。よく活用されるSNSの効果についてチェックしていきましょう。

Twitter

Twitterは他のSNSと比較し、匿名性が高いプラットフォームです。プライバシーを気にすることなく手軽に利用しやすいため、若年層のユーザーを多く抱えています。
また、ユーザーの相互フォローがない場合でも、一方からフォローするだけで情報を得ることができるため、拡散性にも優れています。

Twitterで話題を集める投稿の多くは、高い影響力を持ったインフルエンサーによってリツイートされているほか、ハッシュタグを使ったことによって拡散されていくことが多いです。

インフルエンサーマーケティングに活用する際は、

  • ハッシュタグを使ったキャンペーンなどを展開
  • インフルエンサーによるPR投稿
  • Twitter広告

といった方法が考えられます。

Instagram

Instagramは写真や画像に特化しているため、投稿内容が視覚的・直感的にわかりやすいことが特徴です。
トレンドに敏感な若年層のユーザーが多く、ハッシュタグの活用も頻繁に行われています。

また、写真や画像を主とした投稿は、言語が異なる海外のユーザーなどともつながりやすいという利点があります。
インフルエンサーマーケティングに活用する際は、

  • ハッシュタグを活用したキャンペーン
  • インフルエンサーの投稿によるPR
  • インスタグラム広告の利用

といった方法が考えられます。

Facebook

FacebookはTwitterなどと違い、他のユーザーの投稿を見るためにはそのユーザーと友達になっている必要があります。
よって、インフルエンサーとの関係がないユーザーに対してはインフルエンサーを活用した広告がリーチしにくい傾向にあり、 InstagramやTwitterに比べてセグメントが難しいという特徴があります。

実際に活用する際は、

  • 企業やブランドのFacebookページ
  • Facebook広告の利用

といった方法が考えられます。

まとめ

ここまで、インフルエンサーマーケティングのメリットやデメリット、それぞれのSNSにおける効果や活用方法について紹介してきました。
SNSの運営を担当していて施策に悩んでいる方や、インフルエンサーマーケティングの実施を検討している方は、自社やブランドの目的、ターゲット層に合わせたSNSを選択した上で、どのように実践していくのかを考えていきましょう。

この記事を友達にシェアしよう! ツイートする シェアする
インフルエンサーを起用したい!SNSごとのメリットデメリットを徹底分析
この記事が気に入ったらいいね!しよう

ソーシャルラボの最新情報をお届けします

Social Lab

ソーシャルラボは株式会社新東通信によって運営されています。
インフルエンサーの活用方法、企業アカウントの運用事例など、
ソーシャルメディアを有効に活用できるよう情報発信を行っています。