TOP > インフルエンサー > インフルエンサーがブランディングに及ぼす影響!起用の注意点も解説

2019.11.15

インフルエンサーがブランディングに及ぼす影響!起用の注意点も解説

近年では、SNSなどのプラットフォーム上で活躍するインフルエンサーを起用した「インフルエンサーマーケティング」が新たなマーケティングの手法として大きな注目を集めています。

従来のテレビコマーシャルや街頭の広告とは異なり、インフルエンサーマーケティングはより狭い分野や範囲に絞ってターゲットに訴求することができるため、情報をターゲットに届けやすいという特徴があります。
しかし、このインフルエンサーマーケティングは社外のパートナーと協力して自社のPRを行うという形式になるため、ブランディングなどを行う上で不要な影響を引き起こす可能性もあります。

そこで、今回の記事ではインフルエンサーが自社のブランディングに及ぼす影響や、インフルエンサーを起用する際の注意点について解説していきます。

インフルエンサーは企業のブランディングにどう影響する?

インフルエンサーを自社のPRに起用する際、どのような影響があるのかを以下で2つのポイントに絞ってまとめていきます。

親和性の高いインフルエンサーを起用できれば高い効果が望める

はじめに、インフルエンサーマーケティングを行う上では、「PRしたい商品」や「自社」との親和性が高いインフルエンサーを起用することが大切です。特定のファッションであれば、そのファッションのジャンルや年齢層などを含めて、「細かなターゲット層」に対して訴求しているインフルエンサーを探し出した上でPRを依頼しましょう。

そうすることで、インフルエンサーの意図や築いてきた世界観と自社の目的がマッチングし、フォロワー達の関心を引きやすくなるほか、ファンになってくれる可能性も高まります。

また、インフルエンサーはいくつかに分類できますが、マイクロインフルエンサーなど、比較的フォロワーの少ないインフルエンサーほどファンとのコミュニケーションが取りやすい傾向にあります。小さい規模のインフルエンサーを起用することで結果的に拡散率が高まる見込みがあるということも覚えておきましょう。

PR感が出すぎるとユーザーからの印象が悪くなってしまう

インフルエンサーマーケティングの傾向として、「PR感」が強くなりすぎてしまうとファンからの反感を買ってしまうことがあります。そういったケースを避けるためには、事前にインフルエンサーとしっかりと相談を重ねた上でタイアップであることを明示したり、大げさに商品の特徴を取り上げすぎたりしないなど、フォロワー達がフラットな目線でPRを見られるように細心の注意を払いましょう。

また、フォロワーの感情に配慮するという意味では、長期的に施策を行っていくことも大切です。例えば、インフルエンサーと友好な協力関係を築き、合意のもとでPR投稿を行ったとしても、一回の投稿しかしなかった場合はフォロワー達に「インフルエンサーを利用しているだけ」という印象を与えかねません。あくまでインフルエンサーと協力関係であることを示すためには、長期間にわたって施策を続けていくことが欠かせません。

インフルエンサーを起用する際に注意するべきこと

次に、インフルエンサーを起用する際に注意すべき点を3つのポイントに分けて紹介していきます。

消費者の購買フェーズによって施策を変える

消費者の行動はAIDMAというモデルによって説明されることがあります。AIDMAは消費行動のプロセスを5つの段階に分類するもので、以下の順番になっています。

  • Attention(認知・注意)
  • Interest(興味・関心)
  • Desire(欲求)
  • Motive(動機)
  • Action(行動)

そして、自社のブランドがPRを行う目的や消費者のフェーズに合わせて、必要な施策は変わってきます。インフルエンサーマーケティングでは、どうしても認知度を上げることだけが目的になってしまいがちです。しかし、必ずしも情報の拡散だけがマーケティングの目的とは限りません。常に自社の目的やターゲットの状態を客観的に捉えながら施策を考えていきましょう。

ステルスマーケティングだと誤解されないようにする

昨今のSNSのユーザーはステルスマーケティング、いわゆる「ステマ」に対して非常に敏感で、ネガティブなイメージを強く持っています。一度自社のPRがステマと思われてしまうとファンを獲得することは難しくなってしまうため、誤解されないように注意を払いましょう。

具体的には、PRである旨の投稿文を明記することや、ハッシュタグを活用して企業案件であることを強調するなどの方法があります。

運用のルールとKPIを明確に設定する

インフルエンサーの関与の有無にかかわらず、マーケティングにおいて大切なことは、事前に明確な目標設定を行い、それにアプローチするために「施策の効果」を定期的に測定することです。

具体的にはKGIとKPIを活用するといいでしょう。
KGI(Key Goal Indicator)とは、重要目標達成指標のことで、インフルエンサーマーケティングの場合は認知度の向上や売り上げの向上などが挙げられます。
またKPI(Key Performance Indicators)は、重要業績評価指標のことを指していて、KGIに対してどれだけアプローチできているかを測るためのものです。例えば、KGIが認知度の向上だった場合、KPIにはフォロワー数の増加率やエンゲージメント率の増加などがあてはまります。

まとめ

今回の記事では、インフルエンサーマーケティングが自社のブランディングに与える影響、インフルエンサーを起用する際の注意点について紹介してきました。
近年ではインフルエンサーマーケティングの重要度は無視できないほどになっていて、多くの企業が積極的に取り入れていることから、今後もますます市場が拡大することが見込まれます。ぜひこの機会にインフルエンサーマーケティングの導入を検討してみてください。

この記事を友達にシェアしよう! ツイートする シェアする
インフルエンサーがブランディングに及ぼす影響!起用の注意点も解説
この記事が気に入ったらいいね!しよう

ソーシャルラボの最新情報をお届けします

関連タグ

ソーシャルラボは株式会社新東通信によって運営されています。
インフルエンサーの活用方法、企業アカウントの運用事例など、
ソーシャルメディアを有効に活用できるよう情報発信を行っています。