TOP > SNS活用メソッド > インスタのストーリーに位置情報を追加できない場合の対処法!

2019.11.18

インスタのストーリーに位置情報を追加できない場合の対処法!

Instagramには、投稿や写真などに位置情報を追加することで、それがどこで撮られたものなのかを共有するための機能が備わっています。位置情報の機能自体はとても便利なものですが、追加方法が若干複雑なため、初めて使う際などに機能がうまく使えないこともあります。そこで今回の記事では、Instagramのストーリーに位置情報を追加する方法やメリット、うまく使えない場合の対処法などを紹介していきます。

Instagramストーリーに位置情報を追加するメリット

通常のタイムラインとは別にタイムリーな写真や動画を投稿できるInstagramストーリーに位置情報を追加するメリットは、以下の2つが挙げられます。

ユーザーが場所を見つけやすくなる

例えば、イベントの会場や店舗など特定の場所をPRしたい場合、位置情報の活用は大いに役立ちます。イベントや店舗の写真にスポット情報を関連付けて投稿することで、ユーザーはその写真に写っているものがどこに行けば手に入るのかを端的に理解できるようになります。
また、実際にその場所を訪れたユーザーに対して、位置情報を付けた投稿を促すことができれば宣伝にもつながります。

キャンペーンにも活用できる

Instagramの位置情報はキャンペーンにも応用することができます。例えば、特定の場所の位置情報を付けた投稿に限定したフォトコンテストなどを開催すれば、実際に現地に足を運んでもらえる可能性が上がり、新たにそれらの情報を共有するユーザーの集客も見込むことができます。

ストーリーに位置情報を追加する方法

Instagramのストーリーに位置情報を付ける方法はとても簡単です。
まず、ストーリーの編集画面に入ってから画面を下から上にスワイプし、出てきたメニュー画面の中から「位置情報」のボタンをタップします。すると、検索欄と現在地や周辺のスポットの情報が表示されます。あとは自分がいる場所やお店の名前を選択するか、検索欄にキーワードを打ち込んで表示されるスポットを選択するだけです。
あとはInstagram側がストーリーに位置情報のついたスタンプを追加してくれます。

位置情報が追加されない場合の原因とその対処法

もしもストーリーに位置情報が追加できないという場合には、以下のような原因が考えられます。

位置情報を誤って入力している

最も一般的な原因としては「誤った情報を入力」していることが挙げられます。位置情報を追加するためには場所や施設、店舗の名前を検索欄に入力しますが、かなや漢字などの表記が一致していないと表示されない場合があります。そのため、本来の名称を検索してから正しく入力しなおしてみましょう。

位置情報サービス機能がオフになっている

Instagramストーリーに位置情報を追加する際に、「位置情報サービスをオンにしてください」と表示される場合は、端末の設定画面で位置情報の利用をオンにする必要があります。
操作は端末によって異なりますが、基本的には端末の位置情報とInstagramアプリ上での位置情報の利用をオンにすれば問題は解決できます。

バージョンが古い

アプリのバージョンやスマートフォンのOSが古いまま更新されていない場合、位置情報を追加する機能が使用できないことがあります。
まずは端末側のOSを最新のものにアップデートし、その上でInstagramアプリも最新のものに更新してみましょう。どちらかが古いままでも機能が使えない場合があるため、必ず両方とも最新のものに更新しておきましょう。

通信の接続環境が悪い

盲点として、Wi-fiなどの接続環境が悪く、うまくインターネット環境にアクセスできていないために位置情報が利用できないというケースもあります。この場合は、まず一度Wi-fiの機能をオフにしてから再接続したり、端末を機内モードにした後に解除したりなどの方法を試してみましょう。

地図上に位置情報が存在しない

Instagramストーリーで使用されている位置情報のマップは、親会社であるFacebookのものを共有しています。そのため、Googleマップやヤフーマップなど、他の地図アプリとは登録されている情報が異なる場合があります。使うマップが異なることで表示される内容も変化するため、何度試しても表示されない場所の情報は、サーバー側にも用意されていない情報ということも考えられます。

以前は、このような場合は自らFacebook上に位置情報を提供することでマップに情報を追加することができましたが、現在ではその方法は使えなくなっています。もし必要な位置情報が検索欄から見つからなかった場合は、近しいもので代替するしかないというのが現状です。

まとめ

今回の記事では、Instagramのストーリーに位置情報を追加できない場合の対処法について解説してきました。位置情報機能はできることも多く、一見すると複雑な機能のようにも思えますが、操作に慣れてしまえば、誰でも直感的に必要な情報を発信できるようになります。
ぜひ、この機会に位置情報機能を活用してみてください。

この記事を友達にシェアしよう! ツイートする シェアする
インスタのストーリーに位置情報を追加できない場合の対処法!
この記事が気に入ったらいいね!しよう

ソーシャルラボの最新情報をお届けします

ソーシャルラボは株式会社新東通信によって運営されています。
インフルエンサーの活用方法、企業アカウントの運用事例など、
ソーシャルメディアを有効に活用できるよう情報発信を行っています。