TOP > SNS活用メソッド > 何から始めればいい?instagram運用担当者のお悩みを解決

2019.11.20

何から始めればいい?instagram運用担当者のお悩みを解決

近年のスマートフォンやSNSの普及に伴い、企業のサービスや商品の販路は大きな発展を遂げました。中でも現在、マーケティングのフィールドとして重要視されているのが「Instagram」です。

多くの企業がInstagramに自社の公式アカウントを開設し、ユーザーとのコミュニケーションを図りながらマーケティングを行っています。

しかし、実際のInstagramの運営にはさまざまな問題や課題が存在します。そこで、今回の記事では「どうすればフォロワーを増やせるのか」「集客で押さえるべきポイントはどのようなものか」など、Instagramの運営を担当する方のお悩みに答えていきます。

Instagramの運用にはルールづくりが大切

はじめに、Instagramを始める上で悩みがちな「何から始めればいいのか?」という問題を解決するため、運用する上で最低限行うべきルールづくりについて解説していきます。なぜなら、これらをあらかじめ知っておかなければ、以降の解決方法が機能しない場合があるからです。

以下では、Instagramを運営する上で大切なルールを4つ紹介します。

アカウントの目的を設定する

最初に設定するべきルールは「アカウントの目的」を明確にすることです。目的は単純なものでも構いません。例えば、「サービスの認知度を高める」「新規の若いユーザーを集客したい」「ブランドのイメージを一新したい」など、さまざまなものが考えられます。

Instagramを運営する目的を設定することで、あとは「どのような画像を投稿すればいいのか」「ハッシュタグはどうすればいいのか」「投稿文やコメント欄ではどんな言葉遣いでコミュニケーションをとればいいのか」などやるべきことが決まってきます。

ターゲット層の設定

次に設定するべきルールは「訴求したいターゲット層の指定」です。
「投稿をどのようなユーザーに届けたいのか」を決めておく必要があります。そのためにはまず、ターゲットのペルソナを具体的に考えてみましょう。

ペルソナとは、年齢や性別、人種、社会的地位、職業、趣味など、さまざまな観点からターゲットとなる人物像を仮想することです。ペルソナを設定することで、「どのような投稿をどの程度の頻度で行えばいいのか」「ユーザーとどのようなコミュニケーションをとっていけばいいのか」を具体的にイメージしやすくなり、よりスムーズなアカウントの運営につながります。

KPIの設定

KPI(Key Point Indicator)とは日本語で「重要業務評価指標」と訳される言葉で、目的を達成するために必要となる指標を作った上で達成度を測り、最終的な目的に対してどれだけアプローチできているかを計測するという概念です。
わかりやすくSNSマーケティングに置き換えて考えてみると、「ブランドの認知度を高めたい」という目的では「フォロワー数が2万人」や「投稿のシェア率」などがKPIとして指定できます。

このような指標を複数作りだし、定期的に効果を測定していくことで、最終的には大きな目的にたどり着きやすくなります。

投稿のテーマを設定

投稿にテーマを設定することで、より効果的にInstagramを運用しやすくなります。「ユーザーに何を伝えたいのか」「どんな価値を提供したいのか」などを基にしてそのアカウントだけの「世界観」を構築しましょう。
「国内の旅の情報」や「ビーガン向けのレシピ」など、統一されたテーマを持つことでフォロワーの共感を得やすくなります。 

フォロワーを増やすためのポイントを整理

Instagramを運用する上で避けられない悩みとして「どうすればフォロワーが増えるのか」というものがあります。そこで、以下ではフォロワーを増やすために押さえるべきポイントを3つ紹介します。

プロフィールを充実させる

はじめにするべきことは「プロフィール欄を充実させること」です。Instagramのプロフィールは、そのアカウントの世界観を簡潔に表した文章です。一つひとつの投稿写真ももちろん大切ですが、ユーザーがそのアカウントをフォローするかどうかはプロフィールがどれだけ充実しているかにもかかっています。

まずは自社のアカウントの世界観やテーマを設定し、その上でどのような情報を発信していくのかをプロフィール欄に書いておくことでユーザーが「このアカウントをフォローする価値があるかどうか」を端的に判断できるようにしておくといいでしょう。

ハッシュタグを活用する

ハッシュタグを効果的に使うことは効率的なフォロワーの獲得に大きく役立ちます。ハッシュタグとは「#」から始まる文字列を投稿文に入れることで、同一のタグがついた投稿を追うことができる機能です。この機能を活用することで、自社のアカウントが持っている世界観に関心を持っているユーザーがハッシュタグを通じて集まりやすくなります。そのため、ハッシュタグはどんなものを使えばいいかをしっかりと検討した上で使用しましょう。アメリカのSNS支援企業「Post Planner」が「新規のフォロワーを得るために使えるハッシュタグ25選」を発表していますので、参考にしてみると良いでしょう。

フォロワーとのコミュニケーション

投稿に対して関心を抱いているユーザーとコミュニケーションをとることも、フォロワー獲得に役立ちます。
自社のサービスや商品などに言及している投稿にいいねをしたり、コメントをしたりなど、コミュニケーションを通してアカウントの存在を認知してもらえれば、最終的にフォロワーになってもらえる可能性が高まります。

そのためには、先述したハッシュタグなどが多いに役立ちます。しかし一方で、積極的なコミュニケーションが度を過ぎてしまうとスパムや迷惑行為として通報されてしまう可能性や、ユーザーから嫌われてしまう危険性もあるため、注意が必要です。

まとめ

今回の記事ではInstagramの運営担当者が、どのようなことから運用を始めていけばいいのかを解説してきました。
Instagramを運用する上で大切なことは、基本的なルールを作ること、アカウントの目的やそれに近づくためのKPIをきちんと設定することです。
その上でユーザーに対して積極的にコミュニケーションを図ることでフォロワーを増やし、たくさんのファンに支えられるアカウントを作っていきましょう。

この記事を友達にシェアしよう! ツイートする シェアする
何から始めればいい?instagram運用担当者のお悩みを解決
この記事が気に入ったらいいね!しよう

ソーシャルラボの最新情報をお届けします

ソーシャルラボは株式会社新東通信によって運営されています。
インフルエンサーの活用方法、企業アカウントの運用事例など、
ソーシャルメディアを有効に活用できるよう情報発信を行っています。