TOP > SNS活用メソッド > instagramの運用支援サービスの内容は?SNSツールの紹介も

2019.11.06instagramの運用支援サービスの内容は?SNSツールの紹介も

全世界に8億人近いユーザーを抱えるInstagramは、ユーザーの年齢層も10代から50代以上と幅広く、ユーザーごとの目的やコミュニケーションの手段もさまざまです。

また、Instagramでは一般の個人だけではなく、企業のような法人がビジネスアカウントを開設することで、自社製品やイベントの集客に利用することも可能です。しかし、SNSの運用には時間や労力といった資本が必要となるため、なかなか本腰を入れた運用に踏み切れないという企業も少なくありません。

そうした方に勧めたいのが「Instagramの運用支援サービス」です。こうしたサービスを活用することで、投稿の支援や企画の立案など、さまざまな支援を受けることができます。今回の記事では、運用支援サービスの内容やSNS運用ツールについて紹介していきます。

運用支援サービスの具体的な内容は?

SNSの運用支援サービスの内容はさまざまありますが、基本的には支払う金額によって受けられる支援内容は大きく変化します。
以下では、一般的なSNS運用代行サービスの支援内容を月額の価格帯別にご紹介していきます。

月額10万円以下で運用を依頼する場合

月額10万円以下で運用支援を依頼する場合、主な支援内容としては記事作成や投稿などの代行業務が挙げられます。しかし、フォロワーからのコメントなどがあった場合などの対応などは自社で対応することになります。

ほかにも、インサイトの集計や集客の効果測定などの計測業務や、記事作成の原案など、上記の二つ以外のサービスは自社でまかなうことになります。

予算を抑えて基本的な支援サービスを期待している方にはオススメです。

代行の範囲

  • 記事の作成
  • 投稿の代行

月額20万円〜30万円以下で運用を依頼する場合

月額20万円〜30万円プランで代行を依頼した場合は、記事作成の件数や月間の投稿数、投稿の質などが上がる傾向にあります。

また、この価格帯のプランからユーザーのコメントに対する反応も代行業務の対応範囲内になり、ユーザーインサイトの月次レポートなど、簡易的なものではありますが集計の依頼をすることができるようになります。場合によってはSNS上の広告運用代行などにも対応できる場合もあるため、基本的な運用を社外に依頼したい方にもオススメできるプランです。

代行の範囲

  • 記事の作成
  • 投稿の代行
  • ユーザーからのコメントに返信
  • 簡易的なレポート

月額50万円以上で運用を依頼する場合

月額50万円以上でSNSの運用支援を依頼する場合は、SNS運用の包括的なサポートを受けることができます。記事の作成から投稿の代行といった基本的なもの以外にも、インサイトの解析やレポートの作成、定期的なミーティングなどのサービスも行っているため、本格的なSNSの運用代行を依頼したいと考えている人にはオススメの価格帯です。

代行の範囲

  • 記事の作成
  • 投稿の代行
  • ユーザーからのコメントに返信
  • 簡易的なレポート
  • 広告の運用
  • 定期的なミーティング

SNS運用ツールの選び方

また、SNSの運用支援サービスによる代行以外にも「SNS運用ツール」というものが存在します。こうしたツールを活用すると、自社の投稿などをより効率的に行えたり、分析できたりなど、さまざまなメリットがあります。
自社の抱えている課題に対して最適なSNS運用ツールを選ぶためには複数の視点を持っていることが大切です。以下では、ツールを選定する際に必要なポイントを4つ紹介します。

1. どのSNSを利用しているか

SNS運用ツールを活用するにあたり、複数のサービスを利用するのではなく、1つのサービスのみに絞って利用することが理想的です。複数のサービスを利用すると、手続きが複雑になることでミスが増える場合もあり、セキュリティなどの繊細な問題のリスク発生にもつながります。

運用しているSNSをリストアップし、比較的優先度の高いアカウントから順位付けしていきましょう。

2.投稿管理機能

SNSの運用ツールを利用する際には、適切な投稿管理機能が搭載されているかを確認しましょう。
SNSの管理機能が搭載されていれば、投稿の削除や編集、コメントの確認なども効率的に行えるようになるため、効果的な運用が可能です。

3.PR関連の機能

広告など、PRに関わる有料オプションを使用するための機能が搭載されているかも重要なポイントです。
PR機能はFacebookやTwitterなど、著名なSNSには搭載されており、企業が運用しているSNSで集客を行う場合は必須の機能と言えます。こうした機能を使用する際にも、効果的に利用するためのサポートが用意されていると安心できます。

4.分析機能

SNSを効果的に運用するにあたり、投稿のエンゲージメント率やリーチ数など、さまざまな数値を計測することが欠かせません。
SNS上の投稿が分析できるツールは多数存在していますが、ツール上で同時に分析まで行うことができれば、より効率の良い運用が実現できます。

まとめ

今回の記事ではInstagramの運用支援サービスやSNS運用ツールについて紹介してきました。
運用支援サービスにはさまざまな種類や料金プランが存在し、うまく活用することで自社のSNS運用を今よりもずっと効率的にすることができます。

まずは自社のSNS運用の目的や課題などを分析し、運用支援サービスや最適なツールを選んでみてください。

この記事を友達にシェアしよう! ツイートする シェアする
instagramの運用支援サービスの内容は?SNSツールの紹介も
この記事が気に入ったらいいね!しよう

ソーシャルラボの最新情報をお届けします

関連タグ InstagramSNS

Social Lab

ソーシャルラボは株式会社新東通信によって運営されています。
インフルエンサーの活用方法、企業アカウントの運用事例など、
ソーシャルメディアを有効に活用できるよう情報発信を行っています。